埼玉県春日部市 折原果樹園 梨 梨狩り 梨もぎとり 直売 キウイフルーツ 種なし巨峰 たけのこ狩り ジャム
HOME
はじめまして
我が家の農産物
ママミィWeb農日記
畑仕事のあれこれ
もぎとり体験

はじめまして > 埼玉県病害虫防除所 1:予察灯とカメムシ>2:フェロモントラップ


埼玉県防除所から依頼され、梨に被害を与えるムシの数を調べています。
   (平成11年4月1日〜始まりました)

◎今年のトラップ調査の情報はコチラ

■病害虫防除所と農家との連携 

:梨には、いろいろな害虫が集まります。
予察灯や、トラップに集まったムシの誘殺数を調べ、報告します。
  
病害虫防除所:定期的に、作物の病害虫の状況を見に来てくれます。
       (黒星病・赤星病・アブラムシ・ダニetc)
  
       病害虫の発生状況を把握し、情報を作成。
  
農林振興センター等、県・市町村の農業団体関連機関へ
情報提供
       (発生予報・警報・注意報として)
 ・埼玉県病害虫防除所メールサービス情報(普通作物・野菜・果樹・茶) 
★ 県東部の情報発信は、春日部内牧から

予察灯の設置場所は、埼玉県北部上里町、久喜の試験場、県東部のここ春日部市内牧の3ヶ所だそうです。
(責任重大です。しっかり観察します、ハイ!)
☆春先から気温の上昇に伴い、害虫も増加してきます。ムシも大きくなり、大量発生すると薬剤の効果も悪くなります。

毎年続けてムシの数調べをすることで、ムシの増え始め等が予想できるようになります。

早いうちの適期防除をするための参考資料⇒地域ぐるみで農薬の散布を減らせるように、お手伝いをさせてもらっています。

5日間の合計が10頭以上のときは、防除所に連絡することにしています。
⇒注意報につながることもあります。

2つの方法で調べています
1:予察灯(よさつとう) 2:フェロモントラップ

1:予察灯をつけ、光に集まるカメムシを調べます。

(白色灯を点ける時間:夕方pm6:30〜翌朝am6:30)

4月1日午後6時半

畑の真ん中に、青白い灯りがつきました。予察灯です。

翌日の朝6時半まで灯りがともり続きます。
カメムシは夜行性です。

夜、光に集まる虫たちの習性を利用し、光に寄ってきたところを、円錐形のドラムから滑り落ち、機械の下の容器に集まる仕組みです。

200Wの白色灯の明かりは強く、カブトムシやカミキリムシ、大きな蛾、時にはゴキブリも。たくさんの虫の中から、カメムシだけを拾い出して数を調べます。

■スギ花粉とカメムシの発生状況との深い関係

スギ花粉の多い年:スギ花粉が多く飛び、花粉症の方が、とてもつらい年です。
        ↓
   スギの実(球果)が多くつく 
        ↓ 
最も発生が多いチャバネカメムシは、たくさんのスギの球果(最も好きなのはヒノキの球果)をえさとするため、豊富な餌で元気になるそうです。また、多くの成虫が冬を越すため、翌年の発生が多くなると予想されるそうです。


カメムシの大好物=ヒノキの球果(きゅうか)
      ヒノキがなくなる
           ↓
  スギの球果・・スギの球果がなくなる
           ↓
  桐(きり)・梨などの果実etc
           ↓                     
カメムシが餌を求めて果樹の方へいくそうです。
↑ページのトップへ

★3種類のカメムシ :カメムシは細い針のような口をさして、果実の汁を吸います。
カメムシの被害を受けた実は、かたく、ジャガイモのようにボコボコになってしまいます。
アオクサカメムシ
すべて緑色の光沢があります

クサギカメムシ 
全体が、茶色です。
関東に、多く生息するとされます
 チャバネアオカメムシ
全国に分布し、カメムシの8割がこの種類といわれます
越冬場所:常緑広葉樹の樹幹内の葉の込んだ部分 軒下や壁の隙間、積み上げた紙袋の間など 広葉樹の落ち葉の下
卵:1回の産卵でチャバネアオカメムシは14卵、クサギカメムシは28卵、たくさんの卵を産むそうです。脱皮を繰り返し、成虫のなるとされます。

寿命は1年とききます。水を吸うだけで、1ヶ月は生きられるという生命力。

臭い臭いの元は、お腹中間部からとか。
☆☆カメムシ対策☆☆

@梨畑にムシが入らないように、網を掛ける
A梨の実に袋をかける
B越冬するであろう場所の落ち葉をはきよせ処分する。etc
↑ページのトップへ
■予察灯をつけ、光に集まるカメムシを調べます。
                             
(白色灯を点ける時間:夕方pm6:30〜翌朝am6:30)

200Wの白色灯の明かりは強く、たくさんの虫達が集まります。「ちょっとひとやすみ」とすり鉢上のお皿に、触ったら最後、直径1.5cm位のホースをすべって容器の中へポトリ。底には殺虫剤が待っています。
★予察灯の機械の中⇒こうなってます

容器:三角柱の形の容器。
上から見ると、まーるいケーキを7等分(1週間分)に分けた形を連想してください。

:雨水が流れるように、管がつきます。

金網:管がつまらないように、底に敷きます。
パナプレート:予察灯に集まってきたムシを殺す薬。
劇薬とのことで、素手では触らないようにしています。
容器の上には、下げる針金がついています。
中に紙袋と薬入りの容器を入れ、セットします
容器の先端を小さい穴に
差し込み、取り付けます
下には、タイマーがついています 200wのは白色灯がつ
き、セット完了です
■これまでに驚いたこと

・平成13年:かめむしの異常発生で、一晩で100頭以上のときがありました。
新聞にも注意報が載りました。(カメムシは、1頭2頭と数えます)
・7月、台風がきました。翌日の朝、虫達がたくさん動いたかな、たくさんつかまったかなと予想しましたが、はずれ。数匹でした。気温が高く、雨上がりの翌日など、カメムシがたくさんつかまる時が多いようです。

ということは、カメムシの習性を理解したうえで、的確な防除に活かしていけたら、ということも考えられるかと・・。

1| 
↑ページのトップへ

〒344-0051埼玉県春日部市内牧3888 折原果樹園
電話 048-752-3480  FAX  048-752-3490 E メールはコチラ

Copyright(C)2007折原果樹園. All Rights Reserved.